美味しい和歌山の桃

                                           サイトマップ
美味しさをお届けするマナファーム
うまさ一番の桃 種無し柿 紀ノ川柿 富有柿 みかん はれひめ はるか せとか



早生桃の除袋作業

今年の天候は春先に台風並みの風雨が3回もあり、桃の致命的な病気「穿孔細菌病」が
和歌山のほとんどの産地で発生し、大きな被害となるもようです。早生でこんな被害だと
後になるほど被害が大きくなり7,8月の品種の出来が今から心配です。

6/13 これは桃の果実ですが黒い斑点は病気で「穿孔細菌病」といい、風あたりの強い園地に発生する病気です。 6/13 日川白鳳除袋しました。
袋を取った直後の桃の果実これから着色が始まります。 家内が袋をはずしているところですが、説明がないとなんだか解りませんねー。
左側の着色の始まった果実は袋を掛け忘れたものです。
右は袋有り、外観が綺麗に仕上がります。



Copyriht (C) 2001-2003 MANNA-FARM All rights reserved